障害児学習にiPad 県と東大「共同研究」締結

2011.05.19(Thu)

障害児学習にiPad 県と東大「共同研究」締結

2011年5月19日 西日本新聞

 県教委は18日、障害児向けの多機能情報端末「iPad(アイパッド)」を活用した東大の教育研究「魔法のふでばこプロジェクト」を実施することを決め、同大と共同研究協定書を締結した。同プロジェクトは18都道府県の特別支援学校などで実施されるが、九州では同県と大分県のみ。

 研究は、障害児に学校でiPadを使ってもらい、障害児の学習支援への情報通信技術(ICT)の有効性を検証するのが目的。同大先端科学技術研究センターが都道府県に呼び掛けたという。

 iPadは、教科書の文字の音声化や拡大、指先を動かすだけでページをめくることができるため、目や耳、手などが不自由な子どもも、自分に適した学習環境で授業が受けられるという。

 県教委は「学習が困難な子どもが学ぶ楽しさを知る手助けになる」と参加を決めた。対象は、県立のろう学校(佐賀市鍋島町)と金立特別支援学校(同市金立町)の2校。4月にiPad4台ずつを無償で配布。成果は、事例集としてまとめ、本年度中に公表される。


情報元はこちら・・・



スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
282位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。