パソコン要約筆記で被災大学支援 障害学生に講義字幕化

2011.05.18(Wed)

きょうの共:パソコン要約筆記で被災大学支援 障害学生に講義字幕化 /京都

2011年5月17日 mainitisinnbunn

 東日本大震災で被災した大学で学ぶ聴覚障害学生を、携帯電話を利用したネットワークで全国の大学生が支援する試みが始まった。今月6日には同志社大(京都市)のボランティアが、宮城教育大(仙台市)で行われた講義の音声を携帯電話で受けて、即座にパソコンで要約し、宮城教育大の教室で授業を受けている聴覚障害学生の端末にリアルタイムで「字幕」として伝えた。

 筑波技術大学(茨城県つくば市)に事務局がある日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの加盟大学から「被災地の障害者を支援したい」と声があがった。被災地の大学ではボランティアの確保が難しいなど、障害者の学習支援が十分できなくなっており、筑波技術大で開発したシステムを使ってサポートすることになった。同志社大では日ごろ、「障がい学生支援室」の学生スタッフ約250人が自校の障害学生のノート取りや手話通訳、車いす介助などにあたっている。今回、被災大学の支援者を募ったところ、約30人が授業の合間を縫って協力してくれることになった。

詳しくはこちら・・・


スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
282位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。