リオへ、亡夫との約束 視覚障害ランナー、練習の伴走者探す

2015.09.07(Mon)

リオへ、亡夫との約束 視覚障害ランナー、練習の伴走者探す

2015年9月4日 中日新聞より

 栗東市の会社員近藤寛子さん(48)が、マラソンの練習パートナーとなる伴走者を探している。近藤さんは二〇一六年のリオデジャネイロ・パラリンピックで正式種目に採用されることが決まった女子マラソン・視覚障害の強化指定選手。リオ出場は亡くなった夫秀彦さん=当時(49)=との約束だ。「リオで完走して、夫にガッツポーズを見せたい」。夢の実現へ、支援を求めている。

 近藤さんは十五年前、遺伝性の「網膜色素変性症」を発症。徐々に視野が狭くなり、今では右目は太めのストローをのぞく程度で、左目はほとんど見えない。将来を悲観し、家にこもりがちになったこともある。

 十年前に障害者手帳を取得した際、付属冊子の障害者スポーツ欄で偶然、陸上競技を目にした。「走るくらいならできるかな」。秀彦さんに相談すると「やってみたらええやん」と賛同し、練習の送り迎えをしてくれた。

続きはこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
282位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。