「パーキングパーミット制度」運用へ

2013.03.15(Fri)

「パーキングパーミット制度」運用へ

2013年3月14日 中日新聞

 
車いすの利用者やお年寄り、妊産婦などの社会的弱者が確実に専用駐車場を使えるようにしようと、県は公的な証明書を持っている人に利用証を発行し、掲示した車だけが止められるようにする「パーキングパーミット制度」を始める。今月下旬から利用証の申請を受け付け、5月から運用する。現在、優先駐車場の利用基準はなく、これを明確にする狙いだ。


 車いす優先スペースと、車いすは使わないが移動に配慮が必要な人のための「思いやり区画」の二種類を設ける方針で、駐車場管理者に確保に理解を求める。縦二十七センチ、横十四センチの利用証も二種類作る。車内のルームミラーに掛けて掲示してもらう。


 交付対象者は、障害者手帳や医師の診断書などで車いすを使う必要があると確認できる人や、各種障害者、難病患者、要介護度一以上の高齢者、妊産婦など。県健康福祉政策課が審査し、発行する。利用証の有効期間は五年。ただ、けが人や妊産婦など短期の利用者向けにも交付する。

続きはこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
204位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。