医療福祉に関する県民意識調査

2012.11.05(Mon)

医療福祉に関する県民意識調査

2012年11月3日 中日新聞

 人生の最期は自宅で迎えたいが現実的には難しい-。県がまとめた医療福祉に関する県民意識調査から、こんな実態が浮き彫りになった。自宅療養が実現困難と思う背景には家族の負担に対する心配や、容体急変時の対応への不安などがあり、県は在宅医療の充実を図る取り組みを進める。

 満二十歳以上の男女三千人を対象に七月二十五日~八月十三日の間、質問を郵送して調査。有効回収数千七百七十五人(有効回収率59・2%)だった。

 その結果、人生の終わりを迎えたい場所で「自宅」と回答したのは48%、「病院」が22・6%と続き、「分からない」も21・7%あった。その一方で、55・7%が自宅で最期まで療養するのは実現困難と回答し「実現可能」は8・5%にとどまった。

続きはこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
368位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。