南海トラフ地震被害想定

2012.08.30(Thu)

南海トラフ地震被害想定

2012年8月30日 中日新聞

 内閣府が二十九日に公表した南海トラフ巨大地震の被害想定。県内は最悪で死者五百人、負傷者九千八百人、建物倒壊は一万~一万三千棟と、津波が想定される太平洋側に比べれば被災の程度は軽い。だが、被害の甚大な地域への応援が求められる可能性もあり、県域被害を最小化する取り組みと同時に応援・受援態勢の構築が課題として浮かぶ。

 最悪の被害想定は、東日本大震災を教訓とした「発生しうる最大クラスの地震・津波」から推計。内閣府は「発生頻度は極めて低い」とするが、二〇〇三年に中央防災会議が公表した死者十人、建物倒壊千二百棟とする南海トラフ地震の被害想定より大幅に増えた。

 それでも、琵琶湖西岸断層帯の直下型地震による被害の県想定(〇五年公表)は、死者六百五十三~千二百七十四人、液状化の影響を含めた全壊家屋は最大四万五千九百九十四棟と南海トラフを大きく上回る。県防災危機管理局担当者は「(今回の想定を)意識する必要はあるが、現状の対策を進めていくことが大切」と大きな方針転換は必要ないとみる。

詳しくはこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
290位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。