猛暑でイライラ事故に直結? 夏休みで「人身」増加 滋賀県警調査

2012.08.07(Tue)

猛暑でイライラ事故に直結? 夏休みで「人身」増加 滋賀県警調査

2012年8月7日 02:14 産経新聞

  夏場の車の運転は慎重に-。県内で夏休み中の7月21日から8月31日の間の交通事故の発生数を調査したところ、年間の他の期間に比べ、これまで追突などによる人身事故が多発していることが県警のまとめでわかった。熱中症の死者が全国的に目立つなか、県警では交通事故にも猛暑が影響するとみて注意を呼びかけている。

 県警交通企画課によると、過去5年間(平成19年から23年まで)で、年間の人身事故の発生数は、1日平均24・5件。しかし、夏休み期間中は25・5件で、期間全体では普段より42件多く事故が発生する計算になる。

 また、原因別にみると、過去5年で期間中に「追突」が毎日ほぼ1件は多く、「単独事故」もやや増加していた。

 一方、消防庁によると、7月29日までに、滋賀県は熱中症による今年の死者が全国で最も多い4人、救急搬送者が260人と、暑さによる健康面の被害が多数起きている。

 交通企画課は、夏休み期間の事故の増加理由を、レジャーやドライブで人の移動が増えるためと分析。

 さらに、気温の上昇による疲労やイライラ感、または家族移動が増え、同乗の子供に気をとられることなども原因とみている。

 県警では夏季の安全運転で、体調管理や慣れによる油断や思い込みをしないよう交通安全教室などで指摘しており、交通企画課の担当者は「今年も暑さが厳しいが、体調が悪いときやボーッとするときは無理をしないよう心がけてほしい」と話している。

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
368位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。