触法精神障害者施設計画で提訴へ

2012.07.24(Tue)

触法精神障害者施設計画で提訴へ

2012年7月24日 tyuunitisinnbunm

 県が草津市の県立医療センター内に開設を計画する触法精神障害者施設「医療観察病棟」が建設に必要な許可を受けておらず違法として、予定地付近の大津市青山学区の住民らが八月上旬にも、県に建設の十三億円の公金支出差し止めを求める訴訟を大津地裁に起こす。

 住民らは、予定地が市街化調整区域なのに開発許可を受けず、建築確認だけで手続きを進めているのは都市計画法に違反し、病棟が建築基準法上、別棟で新築なのに、増築として手続きするのは違法と主張。その上で地域自治会や自治連合会が反対する中、多額の事業が実現すると、県民に多大な損害が生じるとして差し止めを求める。県が住民の合意なしに計画を進め、説明会で事実と異なる説明をしたとしている。

 住民らは県監査委員に五月に一次と二次の計二回、住民監査を請求したが、県監査委員は七月九日付でいずれの請求分も「建設費用の公金は国庫支出金で、県に損害や損失は生じない」として却下した。住民訴訟を起こす場合の期限を三十日以内とする地方自治法に基づき提訴に踏み切る。

 訴えることができるのは監査請求で県監査委が請求人として認めた約二千五百人。このうち千人以上に参加を呼び掛ける。既に二百人ほどが加わる意思を固めているという。

 二十二日には青山学区内で住民訴訟説明会が開かれ、約百十人が参加した。

 病棟を建設する県病院事業庁の担当者は「何を訴えてこられるのか分からないので、実際に訴状などを見ないと何とも申し上げられない」と説明した。

 医療観察病棟は、殺人や放火など重大事件を起こしながら刑事責任を問えない精神障害者の入院施設。県が二〇一三年の開設を目指している。鉄筋コンクリート造りの二階建てで約二千七百平方メートル。病床数は二十三床確保する予定。事業費は約十三億円で全額、国が負担する。


                                                                                                                                                                                                                                                            
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
282位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。