計画停電:医療や福祉施設、「命に関わる」異論噴出 関電に特例拡大要求

2012.06.29(Fri)

計画停電:医療や福祉施設、「命に関わる」異論噴出 関電に特例拡大要求 /滋賀

2012年06月27日 毎日新聞 

 医療、福祉関係者を対象にした計画停電の説明会が26日、県庁であり、約200人が参加した。関西電力が計画停電の手順を説明して理解を求めたが、停電対象から除外される特例措置から外れた施設からは「命に関わる問題」などと、特例措置の拡大を求める声が相次いだ。

 関電滋賀支店の担当者が計画停電を実施する場合、時間帯や順番によって対象に入った停電エリアは原則1日2時間程度の停電を要請すると説明。併せて救急医療機関などは特例で計画停電の対象から外すとした。

 県内では25日、厚生労働省が停電から除外する36施設を公表したが、これに対し、会場から「患者の家族から心配の声が上がっている」「社会福祉施設や介護施設も特例に入れてほしい」などの要望が上がり、人工透析を行う施設は「うちが(特例の)リストに入らなかった理由を教えてほしい」と選別の根拠をただした。

 関電側は特例措置について「あくまで厚労省の基準。これ以上認めるとセーフティーネットの意味が崩れる」と説明。大飯原発の再稼働に言及し「節電の実行力を上げることで計画停電は回避できると確信している」という見通しも提示した。

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
204位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。