居眠り防ぐ小さな段差 ドライバーへ振動

2012.04.23(Mon)

居眠り防ぐ小さな段差 ドライバーへ振動

2012年4月22日 読売新聞

 新名神高速道路で夜間に死亡事故が多発しているとして、県警高速隊は西日本高速道路(NEXCO西日本)と協力して、路面に小さな段差を作ってドライバーの居眠り・脇見運転を防止する「ランブルストリップス」を甲南―甲賀土山インターチェンジ(IC)間の路肩に整備した。草津ジャンクション(JCT)―甲南IC間にも今年度中に導入する方針で、同隊では「悲惨な事故を1件でも減らしたい」としている。(西井遼)

 ランブルストリップスは、道路に深さ1・2センチの溝を1・5センチ間隔で掘って小さな段差をいくつも作り、タイヤが通ると音や振動を生じさせる仕組みで、ドライバーに注意を促す効果があるとされる。

 同隊によると、新名神高速道路では昨年、人身事故が前年比13件増の40件発生し、死者は同4人増の5人と大幅に増えた。死亡事故はいずれも夜間に発生、路肩でパンクの修理中にはねられたり、事故で走行車線に停車していて後続の大型トラックに追突されたりした。

 同隊やNEXCO西日本は事故多発の要因として、道路幅が広くて速度が上がりやすいうえ、夜間はドライバーの注意力が低下して居眠り運転などにつながると判断。特に、車が停車する可能性の高い路肩での事故を防ぐため、甲南―甲賀土山IC間で路肩にランブルストリップスを施した。

 今年度は草津JCTまで延長し、県内の大半の区間で路肩にランブルストリップスを整備する方針。

 また、事故の多い時間帯でパトカーによる巡回活動を強化するなどして事故防止に努めるといい、同隊は「ハード、ソフト両面で、交通安全対策を充実させていきたい」としている。


スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
282位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。