障害者アート支えたい 伏見拠点にNPO結成

2012.02.04(Sat)

障害者アート支えたい 伏見拠点にNPO結成

2012年02月04日 09時05分 京都新聞

 障害者の美術活動を支え、社会的評価につなげようと、京都市の美術家や総合支援学校の職員らがNPO法人を作り、伏見区を拠点に自由な制作会を開いている。滋賀県などに比べて「障害者アート」の支援体制や広がりがいまひとつという京都。「これから盛り上げたい」と展覧会も企画している。

 昨年8年、伏見区の呉竹総合支援学校の教員や同学校の造形授業を手伝う美術家ら8人がNPO法人「障碍(しょうがい)者芸術推進研究機構」を結成。理事長で京都精華大名誉教授の松谷昌順さん(68)が生徒の作品に「これは天才だ」と感動したことから「天才アートミュージアム」の愛称で活動し、月に1~2回、学校などを借りて障害者のための制作会「アトリエ会」を催している。

 会では、松谷さんらが教室の一角に画材を用意。卒業生を中心とした参加者はそこからクレヨンや絵の具を選んで思い思いに手を動かしている。同学校の元校長でNPO副理事長の重光豊さん(63)は「これまで学校を離れると創作の場がなかった。将来はアトリエ会の常設会場を見つけ、多くの人に参加してもらいたい」と夢を描く。

詳しいソースはこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
687位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
184位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。