福祉避難所、京都市全域に 全173学区施設確保へ

2012.01.05(Thu)

福祉避難所、京都市全域に 全173学区施設確保へ

2012年01月05日 08時32分 京都新聞

 京都市は、大規模災害の発生時に介護が必要な高齢者や障害者、妊産婦たちを受け入れる「福祉避難所」を市内全域に確保する。福祉施設などと協定を結び、災害発生時に要援護者の受け入れを依頼する。避難所での体調悪化やストレスで亡くなる「関連死」を防ぐのが狙いで、全小学校区に1カ所ずつ設置する方針。福祉避難所は、学校などを開放する一般避難所と異なり、介護職員や看護師などを配置し、介助や介護が必要な人が生活支援を受けながら一時避難できる施設を指す。

 1995年の阪神淡路大震災や、東日本大震災では、建物倒壊や津波から逃れたものの、慣れない避難所生活で持病を悪化させたりストレスで体調を崩して亡くなる「関連死」が相次ぎ、国は福祉避難所確保を自治体に求めている。

 市は2010年秋に高齢者や障害者、保育などの福祉施設関係者を交えて福祉避難所の検討会を設置。設備がバリアフリー化され、身体介助の専門知識を持つ職員がそろった福祉施設にその役割を担ってもらうのが最適とし、賛同を得られた施設を市が福祉避難所に指定して、災害時に市の依頼で要援護者を受け入れてもらうことにした。

 現在、高齢者や障害者の福祉施設など市内約140カ所を対象に、資材備蓄の状況や収容可能なスペースの広さ、多機能トイレの有無などを調査しており、本年度末から順次、福祉避難所に指定する予定。必要になるポータブルトイレや紙おむつなどの物資は、介護用品業者などと協定を結んで優先納入してもらう。

 最終的に173小学校区に1カ所ずつ程度の設置を目指しており、福祉施設がない地域は一般避難所の一角に専用スペースを設けたり、宿泊施設との協定も検討している。

 市保健福祉総務課は「2012年度から災害時に支援が必要な要援護者の再把握も進める。福祉避難所の指定ができ次第、運営マニュアルの作成や研修を進め、万一の災害に万全の態勢を取りたい」としている。


スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
368位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。