コーヒー職人、障害者喫茶店で65年の経験伝える

2011.11.22(Tue)

コーヒー職人、障害者喫茶店で65年の経験伝える

2011年11月22日 11時14分 京都新聞

 知的障害者による喫茶店「リ・ブラン京都中京」が21日、京都市中京区三条通油小路東入ルに開店した。接客・技術指導は「コーヒー職人」として全国にファンの多い猪田彰郎さん(79)=右京区。65年間にわたるコーヒー人生の花道を飾ろうと、80歳までの1年間、手伝うことにした。「コーヒーの味わいに皆の真面目さがにじみ出ている。望んでいた仕事に出会えた」と話している。

 猪田さんは老舗「イノダコーヒ」(中京区)の前身の喫茶店に1948年に就職した。50年間勤め、店長を最後に退職した後、「コーヒー職人」として講演や指導のため全国を行脚し、俳優や文化人ら多くのファンをつくってきた。

 リ・ブラン京都中京は、知的障害者が多くの市民と触れ合う機会を設けようと、社会福祉法人「白百合会」(中京区)が運営する2カ所の授産所の統合を機に計画。今月1日、14席の喫茶店を備える施設が完成した。

 楠本浩子理事長(74)が指導者を探し、知人の喫茶店経営者に相談する中で、幼なじみだった猪田さんに30年ぶりに再会。長年の仕事の区切りに「社会に恩返しを」と猪田さんは楠本理事長の依頼を快諾し、2日後には自らの道具を施設に持ち込んで指導を始めた。

 喫茶店のスタッフは障害者と職員の6人。「笑顔で入れてこそコーヒーはおいしい」「自分の気持ちが味に伝わる」と、65年の経験を連日教え込んだ。


続きはこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
181位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。