「冬眠」忘れた ソメイヨシノ

2011.10.13(Thu)

「冬眠」忘れた ソメイヨシノ

2011年10月13日 読売新聞

 県立図書館(大津市瀬田南大萱町)の西側にあるソメイヨシノが、季節外れの花を幾つもつけている。専門家によると、春先から夏にかけ、毛虫が大量発生して葉が落ちた“副作用”とみられ、森本真智子副館長(55)は「過去には類のない咲き具合を見に来てほしい」と話している。

 同館職員が2日、夏の日よけの葦簀(よしず)を片付けている際、図書館2階とほぼ同じ高さに伸びた枝先に、親指大の花が咲いているのを見つけたという。

 県立琵琶湖博物館の草加伸吾・専門学芸員(58)によると、夏にできた花芽は秋から冬にかけて眠った状態になるが、葉の作る植物ホルモンがこの「休眠」状態を続けさせるという。同図書館の木は春から夏に大量の毛虫によって落葉が激しく、ホルモンが不足して花芽の〈目覚め〉を抑えきれなかったとみられる。

情報元はこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
290位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。