「光る浜ちりめん」 長浜の工業協同組合など開発

2011.10.13(Thu)

「光る浜ちりめん」 長浜の工業協同組合など開発

2011年10月12日 22時37分 京都新聞


 浜縮緬(ちりめん)工業協同組合(滋賀県長浜市)と農業生物資源研究所(茨城県つくば市)は12日、遺伝子組み換えの蚕から作られた赤や緑の蛍光絹糸を使って「光る浜ちりめん」を開発したと発表した。13日から京都市で開かれる浜ちりめん白生地展示会で披露する。

 研究所が2008年に開発した蛍光絹糸を地場産業の和装白生地に活用する試み。ちりめんは生地表面の細かな凹凸「しぼ」を出すため、通常100度以上で糸のにかわ質を落とす精練が必要だが、蛍光絹糸は60度以上で蛍光タンパク質が壊れて光らなくなる課題があった。

 組合は滋賀県東北部工業技術センター(彦根市)と、精練に使う酵素の成分や濃度を変えるなどして60度以下でも精練できる方法を開発し、蛍光性能の維持に成功した。

 今回試作したのは染め呉服生地に用いられる「変わり三越(みこし)」など3種で、赤や緑、オレンジ色の蛍光絹糸を織り込んだ。わずかな光はそのままでは確認できないが、暗所で青色LED(発光ダイオード)光を当てフィルターを通して見ると、ほのかに色彩が浮かび上がる。

 蛍光絹糸の確保など実用化には課題が多いが、組合は「新たな精練法を今後の製品開発に生かしたい」としている。

情報元はこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
687位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
184位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。