来春の花粉、今春よりは7割減 民間気象会社予測

2011.10.12(Wed)

来春の花粉、今春よりは7割減 民間気象会社予測

2011年10月11日23時10分 朝日新聞

 民間気象会社「ウェザーニューズ」(東京都港区)は11日、来春のスギ、ヒノキ(北海道はシラカバ)花粉の飛散予測をまとめた。全国的に記録的な飛散量だった今年の3割にとどまる見込みだ。しかし、同社は「前年に比べれば少ないというだけ。早めの対策を」と呼びかけている。

 飛散量は多い年(表年)と少ない年(裏年)が交互に繰り返される傾向がある。来春は裏年にあたるが、東北・北陸・関東地方では、裏年としては多めの量になりそうだという。

 花粉は、前年の夏がよく晴れて暑いほど多くなる傾向がある。光合成が盛んになり、雄花の数が増えるためと見られている。今春は、昨夏の猛暑の影響で記録的な飛散量だった。今夏の暑さは昨夏ほどではなかったが、日照の多かった地域などでは、ここ数年の平均値程度の飛散量はあるとみられている。


スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
368位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。