義足運転手 安全32年表彰

2011.10.10(Mon)

義足運転手 安全32年表彰

2011年10月9日 読売新聞

 子どもの頃に交通事故で右足を切断して義足となりながら、職業ドライバーとして32年間、無事故・無違反の米原市間田、会社員大久保信之さん(63)が、交通安全功労者表彰の県交通安全協会長賞を受賞した。アクセルとブレーキを右膝で調節し、16メートルを超える大型トレーラーも運転する大久保さんは「『できることは何でも挑戦しろ』という父の教えのお陰で、ここまできた。支えてくれた人への感謝を忘れず、安全運転を心がけていきたい」と話している。(福永正樹)

 大久保さんは小学1年の時、遊びに行く途中でトラックにはねられた。一命は取り留めたものの、右足の膝下を切断し、小学3年の春から義足生活になった。

 22歳で車の普通免許を取り、1年半後に就職した縫製会社で営業車に乗った。運転に慣れてきた頃の1971年、飛び出してきた女性をはね、重傷を負わせる事故を起こした。

 その後は交差点で最徐行したり、左右を何度も確認したりと細心の注意を払うようにしている。78年以降は交通違反もないという。

 11年前、長浜市の「太陽運輸」に就職し、竹備富明会長(63)に勧められて大型免許を取得。今では大型トレーラーを運転し、名古屋港まで約200キロを往復する毎日という。

 竹備会長は「運転は堅実で、間違いなくA級のドライバーだ」と信頼を寄せており、大久保さんは「これが天職と感じている。免許証を返納する日まで、無事故・無違反で通したい」と話している。

情報元はこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
290位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。