わさび臭で「イグ・ノーベル賞」“つーん”と涙の受賞秘話

2011.10.05(Wed)

わさび臭で「イグ・ノーベル賞」“つーん”と涙の受賞秘話

2011年10月5日 読売新聞

 わさびのにおいで火災を知らせる臭気発生装置で、真面目なのに少し笑ってしまう科学研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の化学賞を受賞した開発チームの今井真・滋賀医大講師(49)と村上純一・琵琶湖病院医師(34)が帰国し、4日、同医大で記者会見。今井講師は「涙とせきにむせびながら実験に協力してくれた皆さんからの贈り物」と喜び、会見場でもわさび成分を噴霧して、その効力を披露した。

 今井講師らは3年間、約50人の臨床実験で、浅い眠りから熟睡まで様々な段階に対応する濃度を発見し、装置開発に貢献した。

 会見で、全員が授賞式にわさび色のネクタイで臨んだエピソードなどを披露。同医大OBでもある村上医師は「わさびというだけで大ウケだった」と話した。

 今井講師は「すし屋で火事が起きたらどうするか」と質問され、「(唐辛子の成分の)カプサイシンを使えば良いだろう」と応じた一幕を紹介した。

詳しいソースはこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
290位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。