琵琶湖病院・村上医師「光栄です」 「イグ・ノーベル賞」受賞

2011.10.03(Mon)

琵琶湖病院・村上医師「光栄です」 「イグ・ノーベル賞」受賞

2011年10月1日 中日新聞

 「受賞は、何かのジョークだと疑ってしまいました」。滋賀医科大(大津市)の今井真講師(49)と琵琶湖病院(同)の村上純一医師(34)の発明が、ユーモアあふれる科学研究をたたえる「イグ・ノーベル賞」に輝いた。米マサチューセッツ州のハーバード大で授賞式に臨んだ村上さんは「光栄です」と喜びの半面、「この研究は真面目に取り組んできました」と語った。

 わさび臭を醸して目覚めさせる火災警報装置の発明。睡眠障害の研究をする村上さんはチームの一員として、2007年8月から研究に取り組んだ。

 「寝ている時に嗅ぐ臭いは、何が最も刺激的か」。琵琶湖病院の職員にも協力を願い、臭いを嗅ぐ実験を繰り返した。わさびの臭いにたどりつき、装置を試作。鼻の奥を突く「痛み」に近い臭いが室内に漂うと「私も含めて、みんなでむせ込みながら大慌てで実験室から逃げ出しました」。そして笑顔が広がった。「完成した」

 村上さんは名古屋市瑞穂区出身。東海高校卒業後、滋賀医科大に進んだ。精神科医師としてソフトな語り口と丁寧な診察に行列ができる日も。待合室で待つ患者を思い「時間前ですが、どうぞどうぞ」と患者の立場で診察する。

続きはこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
282位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。