元気になる拠点に 宇治の自立支援ハウス、開設式

2011.09.30(Fri)

元気になる拠点に 宇治の自立支援ハウス、開設式

2011年09月30日 11時15分 京都新聞

 不登校や引きこもり、生活保護受給者の自立を支援する「くらしと仕事のサポートステーション・おれんじハウス」(京都府宇治市小倉町)の開設式が29日、近くの西小倉集会所で開かれた。

 この日は、京都府など行政や地域住民ら約50人が訪れ、ハウスとして活用している2階建て民家を見学した。古田京子センター長(55)は、ぶらりと立ち寄った近所の人とセンターの不登校の人が交流した出来事に触れ、「いろんな人に集ってもらい、みんなが元気になる拠点にしたい」とあいさつした。

 開設式では、おれんじハウスに通う人も研修生として設営や片付けを手伝った。中学卒業後、ハウスに通う西村有哉さん(15)=京都市=は「ここでみんなとしゃべっている時が、面白い」と話していた。

 おれんじハウスは綾部市のNPO法人「まごころ」が、府の委託を受け運営する。キャリアカウンセラー2人が、困難を抱える若者や家族に寄り添い、個別にプログラムを作ったり、訪問するなどして、社会的なつながりの中で就労につながる支援を行う。現在、府南部の39家族が継続的に利用している。

詳しいソースはこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
269位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。