iPhone5:auも発売 契約獲得競争に影響 米アップルが戦略転換

2011.09.26(Mon)

iPhone5:auも発売 契約獲得競争に影響 米アップルが戦略転換

2011年9月23日 毎日新聞

 KDDI(au)が米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話端末、スマホ)「iPhone(アイフォーン)」を発売する方向で調整していることが22日明らかになった。アップルが10月中旬にも世界で投入する見込みの新機種「アイフォーン5」について、年内にも日本で取り扱えるように調整している。08年のアイフォーンの日本初上陸以来、続いてきたソフトバンクモバイルの事実上の独占販売体制を崩すもの。背景にはアップルの販売拡大戦略もあり、KDDIの参入は通信キャリアー間の契約者獲得競争に加え、国内端末メーカーにも影響を及ぼしそうだ。【乾達、竹地広憲】

 アイフォーンの独占的な販売は、近年の契約者数を伸ばしてきたソフトバンクの快進撃の原動力だ。同社は08年7月のアイフォーン発売から今年8月までの38カ月間で35回も月別純増数(新規契約から解約を差し引いた数)首位を獲得しているが、業界関係者は「純増数の7割以上がアイフォーン」と指摘する。

 シェアや通信網で勝るNTTドコモやKDDIを押しのけ、日本でのアイフォーン独占販売権を獲得したソフトバンク。背景には、同社の孫正義社長と米アップルのスティーブ・ジョブズ前最高経営責任者(CEO)との友情関係があるとの逸話もあり、ユーザー拡大に一役買った。

 画面を指でなぞるだけで簡単に音楽から情報、映像まで豊富なアプリケーションが使えるアイフォーンは、日本でのスマホブームの火付け役ともなった。対抗策を迫られたライバル他社はドコモが昨年4月、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォン「エクスペリア」を発売。KDDIも同11月にアンドロイド端末「IS03」を投入した。しかし、KDDIは出遅れが響き、ソフトバンクのアイフォーンに契約者を奪われるケースも目立った。8月末の携帯契約数シェアを見ると、ドコモは約48%だが、KDDIは27%強で、ソフトバンク(21%強)に猛追されている。

情報元はこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
683位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
183位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。