元タカラジェンヌ、次の舞台は学校で 滋賀大の神谷さん

2011.09.16(Fri)

元タカラジェンヌ、次の舞台は学校で 滋賀大の神谷さん

2011年09月16日 08時42分 京都新聞

 宝塚歌劇の男役として活躍した28歳の女性が、音楽教師を目指して滋賀大教育学部(大津市)で学んでいる。歌唱力を生かして友人たちとアカペラサークルを作り、学内でゲリラライブをすることも。「宝塚ではみんなで高め合って舞台を作ってきた。そんな一体感の良さを伝えられる教師に-」。タカラジェンヌに続く夢に向かって、まい進している。

 名古屋市出身の神谷彩(かみやあや)さん(28)。両親ともに小学校教師という家庭に生まれた。中3の時、宝塚の映像を見て「なんとしても同じ舞台に」と志す。高2の春、競争率23倍を突破して宝塚音楽学校に合格。2002年、葵吹雪(あおいふぶき)の芸名で初舞台を踏んだ。雪組に配属となり、裁判官からオタク青年まで幅広い役柄で年間200公演もの舞台に出演してきた。

 転機は家族でポーランドを旅した4年前。かつて父が同国の日本人学校で教えた縁があり、今も現地で慕われる姿を見て「教員も素敵(すてき)だな」と思い始めた。08年の公演「マリポーサの花」で革命戦士を演じた時、「やりきったかも」という思いも抱き、09年1月の公演「忘れ雪」を最後に宝塚を退団。以降、1日数時間の勉強に励み、秋に高卒認定試験(旧大検)と滋賀大の社会人入試に合格した。

 現在は大津で下宿しながら通学し、同級生から「彩(あや)ねぇ」と慕われる。アカペラサークルでは経験を生かして歌唱法を助言。「福祉施設などにも伺って歌いたい」と積極的だ。


続きはこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
181位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。