湖国の人たち:オピニオン’11 鈴鹿暁美さん /滋賀

2011.09.10(Sat)

湖国の人たち:オピニオン’11 鈴鹿暁美さん /滋賀

2011年9月10日 毎日新聞

 市民らでつくる草の根劇場劇団「かいつぶり」が設立から20年を迎える。代表の鈴鹿暁美さん(71)は昨年1月、脳梗塞(こうそく)で倒れたがリハビリを重ねて復帰。入院中に出会った小児病棟での子供たちに「少しでも笑顔の機会を増やせれば」と、新たに「朗読芝居」に挑戦しようと日々励んでいる。【前本麻有】

 --朗読芝居とは、どんなものですか?

 感情を込めて物語を読み上げるだけでなく、身振り手振りを加えて、オルゴールなど物語に合った小道具を使います。まだ練習中ですが、演劇のスペースが取れない場所でも「読み聞かせ」のスタイルではない、新しい演出として思いついたのが朗読芝居です。草津市の助成もあり、10月ごろから県内の小児病棟を訪ねるボランティアを始めます。

 --きっかけは、自身の入院でしたね。

 昨年1月、起床時に脳梗塞で倒れ、救急車で病院に運ばれました。約1カ月は寝たきりで言葉も話せず流動食でした。右半身がまひしましたが、リハビリを重ねるうちに、歩いたり以前のように話せるようになりました。そして、退院間際の3月ごろ、ふと小児病棟にある院内学級の前を通りました。子供同士が遊んでいても、次々と治療や検査でポツンと残される子がいる。年が離れた私ですら「遊び相手になって」と頼まれることもありました。相手をするうちに「劇団で培った経験を生かして、自分にできることはないだろうか」と考えるようになったのです。

詳しくはこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
368位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。