災害に強い信号機を 9月定例会に予算提案へ

2011.09.12(Mon)

災害に強い信号機を 9月定例会に予算提案へ

2011年9月11日 中日新聞

 信号機を災害に強く-。県警は、主要道路の11交差点で、耐震スチール製信号柱と信号を停電させないリチウムイオン電池付き装置を導入、省電力実現の信号灯器の発光ダイオード(LED)化を進める。本年度中の更新開始を目指しており、15日から始まる9月定例会で予算7756万円を提案する。

 大規模災害時に、信号機の機能喪失を防いで、緊急交通路確保につなげるのが目的だ。

 県警交通規制課によると、スチール製信号柱は、従来のコンクリート製に比べて強度が高く、震度7、風速50メートルにも耐えるという。

 無停電化装置は、停電時にリチウムイオン電池で蓄えた電気を信号機に送ることができ、最大で8時間分が蓄えられる。信号灯器をLED化すると、電球式の4分の1の電力で済むため、非常時の電力を節約できるという。

 対象交差点は、国道1号の国道小柿(栗東市)▽国道8号の御上神社前(野洲市)▽国道421号の八日市IC(東近江市)-など。県警が国道などの主要道路のなかで、交通量の多さや規模の大きさなどを基に選定した。 (梅田歳晴)




スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
282位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。