障害者の就労 多様な働き方を検証

2011.09.08(Thu)

障害者の就労 多様な働き方を検証

2011年9月8日 東京新聞

 さまざまな施策がとられながら、なかなか進まない障害者の就労。障害者自立支援法に代わる障害者総合福祉法案のたたき台づくりでは、就労支援の枠組みを再編成する提言がまとめられた。一方、就労支援で大きな成果を上げる事業所も出ている。障害者の就労は、どう変わっていくだろうか。 (境田未緒)

 大津市のJR大津駅隣にある公衆トイレ。「笑顔をみんなで取り戻そう!」と書かれたTシャツ姿の「掃除屋プリ」のメンバー二人が掃除する脇を、利用者が「ご苦労さま」と通り抜けていく。障害者が社会の中で働くPRも兼ねたTシャツは、東日本大震災以降にデザインが替わり「笑顔-」の一文が入った。

 掃除屋プリは、滋賀県の独自制度「社会的事業所」の一つ。障害者十人を含む十二人が働く。大津市が管理する公衆トイレ約二十カ所を二班に分かれて毎日、清掃している。

 制度は二〇〇五年、障害者の就労促進のため始まった。障害のある人もない人も対等な立場で働けるよう全員が雇用契約を結び、経営の意思決定にも参画する。障害者一人当たり月額七万五千円の運営費や一事業所で年額百万円の管理費は、県と市町が二分の一ずつ負担して助成している。

 プリの賃金は、基本は十一万円。扶養家族や自立の有無などで加算していく。プリで働き始め、生活保護を抜けた人もいる。

情報元はこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
282位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。