生殖補助医療:海外での卵子提供準備、医師半数「対応」 内閣府・研究班調査

2011.09.07(Wed)

生殖補助医療:海外での卵子提供準備、医師半数「対応」 内閣府・研究班調査

2011年9月6日 毎日新聞

 海外で卵子の提供を受ける生殖補助医療について、患者から問い合わせを受けたことがある不任治療専門医が半数以上いることが、内閣府の助成を受けた研究班(代表者=日比野由利・金沢大助教)の調査で分かった。海外での卵子提供に向けた準備的な治療についても、依頼があれば対応すると答えた医師が半数を超えた。国内での卵子提供が公的に認められていない中、海外での実施を求める患者が多い実態が浮かんだ。【須田桃子】

 調査は今年7月、特定不妊治療費の助成が適用される施設計577施設で、不妊治療部門の責任者を務める医師に郵送で実施。有効回収数は141票(24・4%)だった。

 電話やメール、診察などで、海外渡航すれば卵子提供が受けられるかどうか問い合わせを受けたことがある医師は、約51%と半数を超えた。海外で卵子提供による受精卵を子宮に移植する場合に必要な、事前の子宮内膜のチェックや投薬などの「バックアップ」をしているかどうかの問い合わせも、約32%が受けたことがあると答えた。問い合わせがあった場合の対応は、「ケース・バイ・ケースで/できる限り/場合によっては」と温度差はあるものの「受け入れる」とした医師が計約52%に上る一方、「一律に断る」という医師も約48%いた。


スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
687位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
184位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。