「在宅看取り」医療を探る

2011.08.31(Wed)

「在宅看取り」医療を探る

2011年8月31日 読売新聞

 地域でのチーム医療体制作りを目指し、県内の医療関係者や行政関係者ら約200人が「医療福祉・在宅看取(みと)りの地域創造会議」(顧問=辻哲夫・東京大高齢社会総合研究機構教授)を発足させ、県立男女共同参画センター(近江八幡市鷹飼町)で30日、第1回会議が開かれた。2期目の政策の柱の一つとして、「在宅看取り」のシステム作りを掲げる嘉田知事も参加。在宅医療をテーマにしたパネルディスカッションや、地域でのチーム医療の実例紹介が行われた。

 県などによると、県内では病院での看取りが約8割を占め、自宅など病院以外で亡くなる人は2332人(2008年)。慢性疾患を抱える高齢者に対応するため、地域で看護や介護を行う体制作りの必要性が高まっているとして、医療関係の有志らが同会議を発足させた。

 パネルディスカッションでは、湖東地域で在宅医療連携に取り組む医師、久我正文さんや、彦根市で往診に従事する医師、松木明さんらが意見交換。久我さんは「在宅医療などをする医師や、医療機関の絶対数が少ない」と指摘し、松木さんは「病院から出て、患者の生活に入り込んで行う往診は医療の最先端。往診の面白さや誇りを伝える教育も必要だ」と協調した。

続きはこちら・・・
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
290位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。