視覚障害者のスマホ使用法を開発 点字を応用 東京

2011.07.11(Mon)

視覚障害者のスマホ使用法を開発 点字を応用 東京

2011年7月8日 朝日新聞

 凹凸がないスマートフォン(多機能携帯電話)や情報端末のタッチパネルを目の見えない人が使う方法を、東京都練馬区の視覚障害者、長谷川貞夫さん(76)が開発した。点字の原理を応用し文字入力する仕組みだ。

 画面を指で直接なぞるタッチパネルには、凹凸のある押しボタンがない。視覚障害者には、ボタンやキーの位置が決まっているプッシュホンやパソコンのキーボードより操作が難しい。

 点字は縦3列横2列の計6個の点の組み合わせで仮名や数字を表す。長谷川さんらはこの配列をタッチパネル上に作り、点の部分を指で触るとブルッと振動する仕組みを開発。数個の点をなぞれば1文字が完成する仕組みを「イッピツ」と名づけた。「イッピツを発展し、自在にタッチパネルを使う方法を編み出したい。振動を利用すれば、目が見えず耳も聞こえない盲ろう者も使える」という。

 研究仲間の群馬工業高等専門学校電子情報工学科の牛田啓太講師(33)が協力。東京ビッグサイト(江東区)で5月に開かれた「無線技術応用産業展」に参加し、米グーグル基本ソフト「アンドロイド」の普及をめざすNPO「日本アンドロイドの会」のブースで披露した。

続きはこちら・・

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
282位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。