県VS.市長会/負担巡り溝

2012.01.31(Tue)

県VS.市長会/負担巡り溝

2012年01月31日 朝日新聞

 草津、野洲両市にある重症心身障害児・者施設「びわこ学園」への特別加算費の負担をめぐり、県と県市長会が対立している。県が提案した18歳以上の入所者分の加算費を県と市町で折半する案に県市長会が反発。県は関連予算を新年度予算に盛り込むため、近く方針を示す予定だが、県市長会の反応次第では、決着が4月以降にずれ込む可能性もある。


 きっかけは国の制度改正だった。児童福祉法と障害者自立支援法が改正され、18歳以上の障害者の援護主体が今年4月に県から市町へ移る。このため、県は昨秋、18歳以上の長期入所者分の特別加算費(1人当たり月6万8千円)の半額を市町に負担するよう求めた。


 だが、びわこ学園の長期入所者232人のうち、県が引き続き全額負担する18歳未満はわずか8人。「このままでは県の負担が減るだけで不公平」とする市町の声を受け、県は「新たな枠組み」として、通所施設への加算費を支給する市町に半額補助する案を提示。


 また、重症者の受け入れのため改修を計画する通所施設には費用の4分の3を県独自で補助する制度も盛り込んだ。


 新たな枠組みを4月からスタートさせるため、嘉田由紀子知事は昨年末、市町長らと意見交換。近江八幡と彦根両市が難色を示す一方、ほかの自治体は受け入れの意向を示したが、年が明けて情勢が一変。県市長会は13日、「参加しない市町の不足分を他の市町の負担で補うことになり不公平だ」として開始の延期を申し入れた。


詳しいソースはこちら・・・

スポンサーサイト

プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
994位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
286位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。