地域で障害児支援を 南丹・丹波養護学校PTA 小中高保護者と交流

2010.06.30(Wed)

地域で障害児支援を 南丹・丹波養護学校PTA 小中高保護者と交流

kyouto sinbum 2010年06月30日 10時51分

 京都府立丹波養護学校(南丹市八木町柴山)のPTAと丹波2市1町の小・中・高校のPTAが29日、同校で交流会を開いた。障害児を育ててきた母親の体験発表を通して、参加者たちは障害者と地域のかかわり方について考えた。

 保護者同士の相互理解を深めようと、養護学校のPTAが毎年開いている。各校の保護者ら約110人が参加した。

 校内見学の後、細見眞紀美さん(44)=亀岡市大井町=が、5歳のころからてんかんと闘う長男の俊貴さん(18)の子育て体験を話した。毎日薬を服用しながらも突然起きる発作とつきあう日々の苦悩を語る一方で、「家族や学校の協力があったから『発作も含めて俊貴なんだ』と受け入れられるようになった」と振り返った。

 その後、小・中・高校ごとに分散会があり、参加者が「地域に暮らす障害者の存在を、学校だけでなく地域ももっと知り、支援の輪を広げていかなければいけない」などと意見を交わしていた。

情報元はこちら

スポンサーサイト

プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
204位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。