あきらめずに挑戦、人生切り開く

2010.03.30(Tue)

あきらめずに挑戦、人生切り開く 盲学校卒業、東近江の59歳男性

20110年3月30日 京都新聞


 視覚障害になり、今春に県立盲学校(彦根市)を卒業した滋賀県東近江市種町の岩佐義雄さん(59)が、あん摩マッサージ指圧師の国家試験にこのほど合格した。耳も聞こえづらい中、吉報に「ハンディがあっても還暦の年になっても、あきらめずに挑戦すれば人生を切り開ける」と喜び、4月から自宅で開業して人生第2幕をスタートさせる。

 ■あん摩指圧師国家試験に合格、人生第2幕

 10数年前に緑内障を患い、5年前に手術を受けたが、視力は左がほぼ見えず、右も矯正して0・05になった。耳も内耳炎などで左が聞こえず、右も聞こえづらく、旧愛知川町の縫製工場で働いていたが、55歳で辞めざるを得なくなった。

 すぐに盲学校の高等部専攻科に入学してあん摩マッサージ指圧師を目指すしたが、1年生で留年。眼や耳のハンディなどで専門用語の習得につまづいたためだが、その後3年間は教員への徹底的な質問や声を出しての反復学習に努め、3月25日に合格の報が届いた。

 盲学校の教員で広報担当の宇野繁博さん(46)は「過去10年では男性で最高齢の卒業生。前向きな姿勢や生き方には私たちも励まされた」と話す。

 4月から自宅の一角で「やすらぎルームいわさ」を開業し、家族の手助けを受けて出張サービスも行う予定だ。岩佐さんは「障害を持つことで、人に支えられるありがたさを知った。人に喜んでもらうことが私の喜びになるので、近くの方にたくさん利用してもらいたい」と話している。

情報元はこちら


世の中凄い人がいるんですね。

ハンディに負けず色々な事に挑戦かぁ。

私も見習わなくっちゃあ!

スポンサーサイト

プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
290位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。