福祉の現場、魅力伝える 大津で就職フェア

2014.02.04(Tue)

福祉の現場、魅力伝える 大津で就職フェア

2014年02月03日 22時00分 京都新聞

 滋賀県内で高齢者・障害者施設の人手不足が深刻化する中、県社会福祉協議会は3日、「福祉の職場総合就職フェア」を大津市内のホテルで開いた。福祉の現場で働く魅力を学生や社会人の求職者280人に伝え、県内の社会福祉法人など94事業者と面談する場を設けた。

続きはこちら・・・
スポンサーサイト

当地の逸品:甲良とまと(甲良町シルバー人材センター)

2012.08.01(Wed)

当地の逸品:甲良とまと(甲良町シルバー人材センター) /滋賀

2012年07月31日 毎日新聞 

 ◇ハウスで水耕栽培 早朝に収穫、新鮮出荷

 県が開発した「水稲育苗箱を利用した簡易養液 栽培システム」を取り入れ、甲良町シルバー人材センター(種村長年理事長)が栽培している。「甲良とまと」のブランドで彦根総合地方卸売市場や同町内の直売所「せせらぎの里こうら」に出荷するほか、同センターで直売もしている。地産地消で拡大を目指して3年余になるが、「新鮮でおいしい」と消費者の評判は上々だ。

 ハウス内に、水稲育苗箱(横28センチ、縦58センチ)を2段重ねにして並べた簡単なシステムで、「苗箱らく楽培地耕」と名付けられた。苗床になる上段の箱にモミ殻を焼いたくん炭を敷いて苗を植える。下段の箱は肥料分を含んだ培養液をためる槽になる。培養液はパイプで流し、養液の量や濃度を調節して一日に数回与えるという。

 耕運や畝づくり、土壌消毒などが不要で、従来の土耕栽培と比べて省力化できる。同センターは、ビニールハウス2棟(各棟375平方メートル)を活用して09年4月からトマトを栽培しており、当初は2棟で計1300本の苗を植えていたが、今年は1900本に増やして増収増益を目指している。

ライブ:障害者に「生のジャズ」を ジャズシンガー・伊藤君子さん、ペア20組無料招待−−彦根、22日

2012.06.21(Thu)

ライブ:障害者に「生のジャズ」を ジャズシンガー・伊藤君子さん、ペア20組無料招待−−彦根、22日 /滋賀

2012年6月19日 毎日新聞

 国内外で活動するジャズシンガーの伊藤君子さんがピアノとベースの演奏で歌い上げるジャズ・ライブ「伊藤君子 in HIKONE」(アート&ミュージック泰窯企画主催)が、22日午後6時半から彦根市京町2の夏川記念会館で開かれる。同企画は「障害者に生のジャズを楽しんでもらおう」と、障害者と付き添いのペア20組・計40人を無料招待するため21日まで先着順で申し込みを受け付けている。【松井圀夫】

 伊藤さんは、ニューヨークのジャズクラブへの出演や日野皓正グループらとの共演、日米同時発売のアルバムが米の「ラジオ&レコード誌」で16位に入るなど国際的にも活躍。パリやローマなどで演奏ツアーを敢行した日本を代表するジャズシンガー。

 22日は、国内外で高い評価を受ける坂井紅介さんのベース、田中信正さんのピアノの演奏で伊藤さんがジャズスタンダードナンバーや津軽弁でジャズを歌い上げる十数曲を披露する。

「クールスポット」拡大も 府が節電対策

2012.05.17(Thu)

「クールスポット」拡大も 府が節電対策、プール開放検討

2012年05月16日 22時56分 京都新聞

 電力不足が見込まれる今夏に備え、京都府は家庭や企業に向けた節電対策を練っている。原発ゼロで電力需給が切迫しているため、昨夏より踏み込んだ対策が必要で、外出先で涼んでもらう「クールスポット」の拡大も検討している。

 昨夏、府はピーク時で10%の節電目標を掲げた。今夏は政府が関西電力管内に対し、ピーク時で20%、他電力会社から融通を受けた場合でも15%の節電を要請するとみられ、厳しさは増している。

 このため、昨年以上の節電対策が必要になる。そこで府はクールスポットに着目。昨年8月は京都文化博物館(京都市中京区)や堂本印象美術館(北区)など4カ所の府立施設を無料開放し、合計で前年より約3・2倍の来場者があった。

 「クールスポットは一定の効果があった」とみており、今夏は数を増やそうと、山城総合運動公園や丹波自然運動公園にあるプールも無料開放が可能か検討に入った。

 さらに映画館など民間施設に対し、住民の外出を促すような企画を要請することも視野に入れている。

 ただ、計画停電や電力使用制限令に至った場合の対応について、「具体策が思い浮かばない」(府幹部)と頭を悩ませており、節電策を話し合うため17日に開く各種団体との会議でアイデアを募る。


関電 冬の節電「10%以上」 常務ら、改めて知事に要請 滋賀

2011.11.08(Tue)

関電 冬の節電「10%以上」 常務ら、改めて知事に要請 滋賀

2011年11月8日 02:07 産経新聞

 
関西電力の廣江譲常務と、同滋賀支店の和田野善明支店長らは7日、県公館(大津市京町)を訪問し嘉田由紀子知事に、改めて12月19日から来年3月23日まで管内の利用者に10%以上の節電を要請することを説明、理解を求めた。知事も前向きに取り組む姿勢を示した。

 県が加入する関西広域連合はすでに同期間に10%以上の節電を家庭や企業に求めることを決めている。

 廣江常務は、家庭にはチラシ投函(とうかん)や新聞広告などで周知するほか、大口顧客に対しては個別訪問をするなどして節電を呼び掛けると説明した。

 これに対して、嘉田知事は「今回の節電は、有限の資源をきめ細かに使わせてもらうという意識を啓発するチャンス。節電には前向きに取り組みたい」と話した。ただ、知事は「病院や産業界などにはできるだけ影響が出ないよう配慮してもらいたい」と注文した。

プロフィール

ご訪問ありがとうございます。 このブログを通して沢山友達が出来たらいいなぁと思ってますんでよろしくお願いします。

cafe au lait

Author:cafe au lait
FC2ブログへようこそ!

カウンター

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い系イイコイメル友

時計

ブロマガ購読者向けメールフォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
204位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。